赤ちゃんの病気辞典

子育てまっぷ > 育児のココロエ 赤ちゃんの病気辞典 > 熱がでた

熱がでた
風邪の症状は無いのに
発熱が数日続いている

尿路感染症
定義 尿路感染症とは尿道、膀胱、尿管、腎臓に細菌やウイルスが侵入して感染を起こす病気です。

病状 主な症状は、発熱、腹痛、下痢、嘔吐。

 大腸菌が尿道から進入し、感染を起こすために発症することが多く、一般的には尿道が短い女の子に多く発症します。1歳未満に限ると男の子のほうが多いようです。
 尿路に感染が起こると、発熱、頻尿、排尿痛、腹痛、吐き気や下痢などの症状が見られます。風邪の症状が無いにもかかわらず、38度以上の高熱が出た場合は、この病気が疑われます。
おむつをこまめに替えるように心がけ、うんちの後はきれいに拭くか洗ってあげましょう。女の子は必ず前から後ろに拭くようにします。
治療 乳幼児の尿路感染症は、入院治療が原則となります。尿量を増やすために輸液で水分を補充し、細菌に利く抗菌薬をとうよします。