産婦人科選び

    産婦人科選びのポイントや、病院と診療所の違いなどから、様々な出産方法を紹介しています。

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト


子育てまっぷ

子育てまっぷトップ > 産婦人科選び

 

●病院・診療所の特色

医療法によると、患者を20人以上収容する医療機関を病院と呼び、その中でも特に100人以上の患者を収容でき、診療科目に、内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科を含む医療機関を総合病院といいます。19床以下を診療所と呼びます。

母乳や出産方法については、それぞれの施設で異なりますので、自分の考えにあった施設を選びましょう。

総合病院
複数の科目の診療が受けられるので、リスクのある人には適している反面、医師が多く担当医が決めにくい。また、分娩の際にどの医師になるかわからないことがほとんどで、 医師によって出産に対する考え方が異なることもあるので戸惑うことがある。
病院(専門病院)
総合病院に比べ医師の数も少なく、医師を指名できることもある。専門病院では出産法に特色を出しているところもある。とはいっても、総合病院と同じく医師が選べない場合 もあり、考え方に違いがある場合も考えられます。
診療所
出産方法や母親教室、エステなどサービスに特徴を持たせている施設が多い。食事に特徴を持たせているところも多い。母子同室も可能。出産方法や診察の仕方などは院長の考 え方でほとんどが決まるので、特色がはっきりとしやすい。その反面、対応できないケースでは病院へ転送されることもあり、リスクのある人には向きません。

●産院選びのポイント

出産をする病医院を決めるポイントには、いくつかのポイントが挙げられますが、何をもって良いかとするのは、個々によって違いますから、下記の最低限のポイントをクリアしているかどうかをチェックしておきましょう。

@医師とのコミュニケーション
やはり何と言っても医師とのコミュニケーションが十分に取れるかどうかということです。初産婦の場合ですと初めてのことで、体の少しの変調も気になります。医師と納得の行 く 会話が出来ないところでは不安が残ります。検診で診察に行っても、聞きたいことが聞けない雰囲気であったり時間がなかったりするところもあります。それどころか患者 の回転を優先するあまり、聞きたいことがあったら看護師や助産師に聞いてくださいと済ませるところもあります。
A親切な助産婦がいるかどうか
出産というと医師の技術や設備が頼りと思いがちですが、実際の出産までに欠かせない存在が助産婦です。定期的に行く妊婦検診の際に、いろいろと相談に乗ってくれます。親切 で的確なアドバイスをくれる助産婦さんがいると心強いものです。
B出産法、母乳の考え方はどうか
出産法や母乳での育て方にこだわる場合、施設や医師によって考え方が違うので、こだわる場合には確認しておくことです。母子同室が可能かどうかも聞いておくと良いでしょう。
C自宅からの交通手段、連携施設
自宅からの距離が近いに越したことはないと思いますが、実際には陣痛が始まってから生まれるまでは、10時間以上かかることが普通です。距離というよりも、自宅から施設までの交通の便を気にするほうが良いでしょう。また、診療所などの場合は、対応できないケースで搬送される病院が近くにあるかどうかなども確認しておくと良いでしょう。
Dその他(食事・母親教室・エステ)
病院などで施設が大きいと、食事はどうしても一括で作るので産科以外の入院患者と同じになってしまいますが、診療所などでは、シェフを雇って特色を出すなど美味しいと評判の医院も増えています。退院前にフレンチのフルコースを出すところもあります。母親教室なども開催して、沐浴の仕方や授乳の仕方などを実施したり、エステなどをサービスしている場合もあります。

●出産の方法 あれこれ

一言に出産といっても、産み方は色々あり医院によって違います。あなたがどんな方法で産みたいかを考えてみましょう。

@自然分娩
お産といって最初にイメージされるように、麻酔を使わずに産道を通して赤ちゃんを産む出産方法ですが、いろいろな処置が施されるのが通例です。浣腸、剃毛、点滴、会陰切開、会陰縫合、陣痛を促進させるホルモン剤の投与などがあり、医院によってどの処置をするかは異なります。
自然分娩において、胎児の状態によっては吸引器や柑子を使って赤ちゃんを引っ張り出すこともあります。
A帝王切開
お腹を切開して胎児を取り出す出産方法。母親や胎児に何らかリスクがあり計画的に行われる場合と、出産中の緊急事態に際して行われるものとがある。母親の骨盤が 小さかったり、逆子が最後まで戻らなかった場合に帝王切開を選択するケースもあります。帝王切開で産めるのは3人までと言われることが多いようです。
B誘発分娩
陣痛誘発剤や道具を使用して子宮口を開き、陣痛を引き起こして出産します。胎児や母親の状態から危険を避けて行われるほか、あらかじめ出産日を設定することから母親の希望でされるケースもあります。
C無痛(麻酔)分娩
麻酔で陣痛の痛みをとって出産する方法。全身麻酔であれば、赤ちゃんの産まれる感覚はありませんが、部分麻酔でやる方法もあります。
D座位分娩
椅子のような分娩台に腰掛けて状態を起こしたまま出産する方法。重力によって胎児が降りやすくなり、いきみやすいとされ、子宮の内圧も高まる。産まれてきた赤ちゃんをすぐに見れるなど、仰向けでの分娩より利点も多い。