赤ちゃんの成長と発育 5〜6ヶ月

    赤ちゃんの成長と発育を月齢別に解説しています。

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト


子育てまっぷ

子育てまっぷトップ > 赤ちゃんの成長と発育 5〜6ヶ月

 

赤ちゃんの成長と発育 5〜6ヶ月

5〜6ヶ月の赤ちゃん

5〜6ヶ月の赤ちゃんは、近くのものを手でつかむ事が出来るようになり、また、多くの赤ちゃんが寝返りをうつようになります。

就寝・起床時間や昼寝の時間が一定になってきて、昼寝は午前、午後に1回程度という子が増えます。これまでに生活リズムを整えていないと昼夜逆転してしまうことがあります。夜泣きには、睡眠リズムが影響しているとも言われるので注意しましょう。

口をもぐもぐさせたり、大人の食事をじっと見たりというような様子があれば初期の離乳食を始めてあげるといいでしょう。離乳食は1日1回、1さじからスタート、2〜3日ごとに1さじ増やしていく感じで。上手に飲み込めるようになるまで、1ヶ月ほどかかります。

赤ちゃんの心と体の成長
性別 身長 体重
男の子 64cm〜70cm 6.7kg〜8.7kg
女の子 62cm〜68cm 6.2kg〜8.2kg

うつ伏せで上半身をグッと起こした姿勢のまま、手を使って遊べるようになります。欲しいものが近くにあると、手を伸ばすしぐさで「これ取って」という気持ちを周囲に伝えるようになってきます。

人の顔の区別が少しできるようになってきて家族の顔を見分けることができるようになります。そのため人見知りが始まる子も出てきます。

感情をしぐさや声で表現するようになり、興味を示すものを手に取り、遊んだりおしゃぶりするようになります。