赤ちゃんの成長と発育 1〜2ヶ月

    赤ちゃんの成長と発育を月齢別に解説しています。

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト


子育てまっぷ

子育てまっぷトップ > 赤ちゃんの成長と発育 1〜2ヶ月

 

赤ちゃんの成長と発育 1〜2ヶ月

1〜2ヶ月の赤ちゃん

1ヶ月〜2ヶ月の赤ちゃんは、動くものに対して反応するようになり、目の前のお母さんの顔をゆっくり目で追うようになります。

また、0ヶ月〜1ヶ月の頃から比べると授乳間隔もあいてきて、排泄も1日におしっこが10〜15回、うんちが5〜8回程度になり、お母さんが少し落ち着く頃です。

赤ちゃんがミルクを吐くとあわててしまいがちですが、授乳後すぐに戻したり、げっぷの後に少し吐くくらいなら問題ありません。いつも通り機嫌がよければ大丈夫です

おっぱいが足りているか心配になるお母さんも多いようですが、目安として1日20〜30gくらい増えていれば心配ありません。

顔に赤いぶつぶつや黄色いかさぶた(乳児湿疹、脂漏性湿疹)ができやすい時期。これは、ママのお腹の中にいた時のホルモンの影響が残っているから。やさしく洗って、清潔を保ちましょう。

赤ちゃんの心と体の成長
性別 身長 体重
男の子 53cm〜59cm 4.3kg〜5.8kg
女の子 52cm〜58cm 4.0kg〜5.3kg

ギュッと握り締めていた手が開いている時間が増えてきます。手や足を曲げたり伸ばしたりも上手にできるようになってきて、周りの音や見えるものにも興味が広がり、少しずつ頭を左右に動かしているうちに、頭を正面でも止められるようにもなってきます。うつぶせにすると少し顔を横に向けられるようになります。

声や音のする方や、明るい光がある方向に顔を向けようとし、それができるようになってきます。目の前近くのところを動くものをじっと見つめながら、少しだけ目で追視することもできるようになります。