赤ちゃんの成長と発育 1歳〜1歳6ヶ月

    赤ちゃんの成長と発育を月齢別に解説しています。

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト


子育てまっぷ

子育てまっぷトップ > 赤ちゃんの成長と発育 1歳〜1歳6ヶ月

 

赤ちゃんの成長と発育 1歳〜1歳6ヶ月

1歳〜1歳6ヶ月の赤ちゃん

個人差はあるものの、1才3ヶ月頃までに多くの赤ちゃんが1人で立ってヨチヨチ歩きができるようになり、手や指がさらに器用に動かせるようになり、小さいものをつまんだり、手首を返す動きで絵本のページをめくれるようになります。

離乳食は、完了期になり、食事から多くの栄養を摂るようになります。言葉も少しずつ話せるようになり、意思表示がはっきりしてきます。

コップがある程度上手になってきたら、そろそろほ乳びんから卒業しましょう。くわえながら寝ていると、虫歯の原因にもなります。どうしてもやめられないなら、しばらくおしゃぶりを使っても。

この時期はまずトイレに慣れさせること。いきなりパンツやトレーニングパンツをはかせてもまず無理ですから、食事の前などにトイレやおまるに連れて行って、少しずつ覚えさせていきましょう。

赤ちゃんの心と体の成長
性別 身長 体重
男の子 74cm〜83cm 8.5kg〜12kg
女の子 73cm〜81cm 7.9kg〜11kg
性別 身長(1歳6ヶ月 体重(1歳6ヶ月)
男の子 76cm〜87cm 8.8kg〜13kg
女の子 75cm〜85cm 8.2kg〜12kg

ドアを開ける事が出来るようになると、それが楽しくて何度もお風呂やトイレに出入りするようになります。トイレの水で溺れたケースも有りますので、お風呂やトイレのドアの外側に鍵をつけるようにしましょう。

フォークやスプーンを自分で持って食べようとする子が増えてきたり、何でも自分でやろうとする自立心が芽生えてきます。

自我が強くなるのと同時に、自分の思い通りにいかないとかんしゃくを起こして怒るようになります。ものを投げたり、顔をぶったりすることも。

1才を過ぎる頃から「ワンワン」「ブーブー」「まんま」など意味のある言葉を話せるようになり、語彙数は徐々に増えていきます。多少言葉も通じるようになり、楽しく感じる反面、どこまで理解出来ているのか分からなくなりストレスがたまる時期でも有ります。

また、名前を呼ばれると「は〜い」と手を挙げて答えられる子も出てきます。