赤ちゃんの成長と発育 9〜10ヶ月

    赤ちゃんの成長と発育を月齢別に解説しています。

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト


子育てまっぷ

子育てまっぷトップ > 赤ちゃんの成長と発育 9〜10ヶ月

 

赤ちゃんの成長と発育 9〜10ヶ月

9〜10ヶ月の赤ちゃん

9ヶ月〜10ヶ月の赤ちゃんは、はいはい→つかまり立ち→つたい歩き、と運動機能が発達してくる時期です。  

また、指先の動きも変化して、親指と人差し指を使ってものをつまむことができるようになります。

離乳食が順調に進んでいる子の場合は、そろそろ3回食になるころです。大人と同じ時間に食事する子も多くなります。離乳食の内容も後期食に進み、スプーンでつぶせるくらいの固さのものを歯ぐきでつぶして食べるようになります。

赤ちゃんの心と体の成長
性別 身長 体重
男の子 69cm〜75cm 7.8kg〜10.5kg
女の子 67cm〜73cm 7.2kg〜9.5kg

少しずつ相手の表情や様子などから意図を感じ取れるようになり、コミュニケーション能力が発達します。一方、お母さんへの愛着がいっそう強くなるのもこの頃で、赤ちゃんがお母さんを後追いする子も少なくありません。

この時期のお母さんは、赤ちゃんの後追いに悩まされたり、意思表示がはっきりして、嫌な事が有るとすぐに泣いて抗議したりでストレスがたまる時期でもあります。後追いをしてきたら、できるだけ抱っこしてあげましょう。

両脇を支えた状態で赤ちゃんを抱き上げ、上体を前に傾けると、両腕を開いてバランスを取ろうとします。これはパラシュート反射と呼ばれるもので、転びそうになったとき、両腕を広げる反射です。