これから妊娠

    妊娠検査や母子手帳や流産、不妊症などの情報を提供しています。

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト


子育てまっぷ

子育てまっぷトップ > これから妊娠

 

●妊娠かな?と思ったら

赤ちゃんをほしいと願っているお母さんにとっては、生理が遅れると「ひょっとして妊娠しているかも?」と考えて1日でも早く確かめたいと思うものです。

でも、妊娠5週以降、つまり月経予定日から1週間以上経ってからでないと産婦人科に行ってもはっきりとは判りません。いきなり産婦人科へ行こうとまではいかなくても、 薬局で市販の妊娠検査薬を購入して調べてみるという方も多いと思いますが、4週〜5週あたりでは、まだホルモン分泌が少ない為にマイナス反応が出ることがあります。

せっかく赤ちゃんが出来たと喜んだのに違っていたとならないように、もう1週間ほど待って検査薬で試すか産婦人科へ行って検査してもらうほうが良いでしょう。

 

●初めての検診

いよいよ妊娠しているかも!となって、いざ検査してもらうとなると産婦人科か婦人科どっちに行けば良いか悩む方もいるかもしれませんが、どちらに行っても妊娠の検査はしてもらえます。

でも、今までに内診台に乗ったことののある方は分ると思いますが、初めて内診台を経験すると精神的なダメージを受けるものです。せめて何をするかだけでも知っておきましょう。

初診の内容(尿検査、内診、超音波検査)

尿検査を終え、いよいよ内診になるわけですが、まず膣の中に医師が指を入れ、もう一方の手でお腹の上から子宮や卵巣の位置や大きさ、硬さなどを調べます。また、子宮頚管の柔らかさや分泌物の状態、子宮膣部の色あいなどもチェックします。

妊娠の可能性が高いとなると、次に超音波検査になります。超音波検査といってもお腹 に器具を当てて見るものではなく、膣の内部にプローブと呼ばれる物を挿入して赤ちゃんが入っている胎嚢という袋をモニターで確かめます。

どうしても抵抗のある人は、女性の医師がいる医院で診てもらうのもひとつでしょう。

 

●母子手帳と無料検診

母子手帳は、お住まいの各市区町村の窓口で交付されます。検診を受ける産婦人科で指示されますので、勝手に取りに行かないようにしましょう。

また、ほとんど市区町村で、 妊婦検診の一部が無料で受けられるようになっています。初診の際、母子手帳と無料検診票についての説明があり、次回の検診時に持ってくるように言ってもらえると思いま す。何も説明が無い場合は、母子手帳と無料検診のことを確認してみましょう。

 

●流産について

順調に赤ちゃんが成長していけば、妊娠第5週で胎嚢が確認でき、妊娠第6週後半くらいに心拍が確認できます。流産は、妊娠12週以下の初期流産と、それ以降の中期流産 に分けられます。流産のほとんどは初期流産の場合が多く、およそ全流産の90%とも言われています。

初期流産は胎児に問題があることが多く、主な原因は染色体異常でやむを得ないケースです。自分を責めないで。

・もし流産してしまったら

待ち望んだ赤ちゃんを流産してしまうと、お母さんは、どうしても自分を責めてしまい勝ちですが、誰も悪いわけではありません。どうか責めないで十分に休息をとって、次の妊娠にチャレンジしてください。

・次の妊娠の時期

流産のあと、およそ1ヵ月後に月経が再開しますが、子宮内の状態を完全に戻すことを考えて2回月経がきたら妊娠しても良いですよと言われることが多いようです。

・切迫流産について

切迫流産とは、流産しかかった緊急状態をいいます。切迫流産の症状は、性器出血と下腹部のつっぱるような痛みや腰痛です。もしも兆候がみられたら、絶対安静です。

切迫流産については、安静にすることが大切です。緊急の場合は即入院することになりますので、すぐに医師に電話等で相談し診察を受けるようにしましょう。

 

●不妊症について

不妊症とは、赤ちゃんを作ろうとしてから2年間妊娠しない状態のことを言います。10組に1組の割合で、不妊に悩んでいるカップルがいると言われています。子宮内膜症や 子宮筋腫などの不妊に関係するような持病を持っていたり、環境ホルモンやストレスなどの影響により、精子の数が減少していたり、奇形が多い場合などもあります。

不妊治療の費用の目安(1回あたり)

  • 配偶者間人工授精(精子、精液を子宮に注入する)10,000〜30,000円
  • 体外受精胚移植(体外で受精させた受精卵を子宮内に移植する)200,000〜350,000円
  • 顕微授精(卵子精子を顕微鏡を見ながら受精させ、移植する)300,000円〜400,000円
  • 現在は、これらの治療は医療保険対象外となり、自費診療として医療機関によって金額に大きな差がでてきます。また、成功率は10〜20%といわれる為、多額の費用がかかることもあります。