赤ちゃんのお世話

子育てまっぷ トップ > 育児のココロエ > 育児 赤ちゃんのお世話

グルーミング、スキンケア


スキンケアの仕方

赤ちゃんの肌は、敏感で新陳代謝も活発なので、ちょっとしたことでブツブツができたり、乾燥したりしてトラブルになります。いつも清潔な肌を保つために、スキンケアを心がけましょう。

手は、指の間もきれいに拭いてあげましょう
髪の毛やほこりをつかんでいたり、よだれで汚れていますから、濡らしたガーゼで拭いてあげましょう。手のひらだけでなく、指の間も丁寧に。
口の周りはこまめに
口の周りは母乳やミルクで汚れやすいもの。よだれの分泌が盛んになってくると、よだれだらけになってしまいます。そのまま放っておくと、かぶれ、湿疹の原因になるので、こまめに濡れたガーゼなどで拭いてあげましょう。
目やにはふやかして
 目やにが乾いてこびりついている場合には、清潔なガーゼを濡らして、そっとふき取って上げましょう。目頭は、上から下に、目じりは、外側へ向かってさっとふきます。目やにを何度もこすって取ると、雑菌が目に入って結膜炎などになることもあるので、注意しましょう。
保湿対策
 赤ちゃんの肌は乾燥しやすく、皮膚が乾燥していると皮膚の免疫機能が低下してしまうので、潤いを保つようにします。ベビーローションや、赤ちゃん用の保湿クリームなどを乾いているところにぬって、潤いを保つようにします。
おむつかぶれ、あせも対策
 おしっこやうんちで汚れたまま長時間おいていると、おしりがかぶれやくなってしまいます。特に布おむつの場合は、早めに取り替えてあげましょう。紙おむつだからといって安心せず、こまめに取り替えてあげるようにします。
 また、赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗をかきやすいので、首の周りや股、わきの下など、汗がたまりやすい部分は、濡らしたガーゼでこまめに拭いてあげましょう。