赤ちゃんのお世話

子育てまっぷ トップ > 育児のココロエ > 育児 赤ちゃんのお世話

赤ちゃんの沐浴、お風呂


ママ一人でのお風呂の入れ方


赤ちゃんの着替えを準備します
 お風呂から出てきたときにあわてないように、着替え、おむつを準備しておきます。 肌着の袖も服に通しておき、一度に着れるようにセットし、おむつも開けて、その上にバスタオルを用意しておくと便利。
赤ちゃんをお風呂の入り口で待機
 赤ちゃんをバスタオルや座布団に横にし、お風呂の入り口に寝かせて待機させておきます。
ママが先に入って体を手早く洗いましょう。
 そとの赤ちゃんに気を配りながら、手早く自分の体を洗ってしまいましょう。赤ちゃんにママが傍にいると安心してもらうように、声をかけているとご機嫌にしてくれてます。 首がすわってきたら、バスチェアに座らせて、ママが洗い終わるのを待ってもらってもいいでしょう
服を脱がせて一緒に温まります
 洗い終わったら、外でまつ赤ちゃんの服を脱がせ、かけ湯をしてから一緒に湯船で温まります。 赤ちゃんは、裸になるのを不安がるので、お腹に沐浴布をかけて安心させてあげます。
手早く、すみずみまできれいに洗ってあげましょう
 石けんを泡立てて、沐浴布をめくり、首、脇の下、股など汚れやすい所まで丁寧に洗ってあげてください。背中を洗うには、首を支えている手のもう片方の手を脇の下に いれて体を支えながら、ひっくり返しその腕のひじ辺りで首を支えるようにし、首を支えていたほうの手で背中を洗ってあげます。慣れるまではちょっと怖いかもしれません ので、ひっくり返さずに少し持ち上げて素早く背中を洗ってあげても良いでしょう。 頭は大泉門を刺激しないようにやさしく、そっと洗ってあげましょう。
皮脂の分泌が活発なので、ベビー石鹸できれいに洗います。
洗い終わったら、湯船でもう一度温まります。
 洗い終わったら、洗い流して、もう一度湯船に一緒に浸かって温まります。長く浸かるとのぼせてくるので、適当な時間で切り上げて。
赤ちゃんの体を拭いてあげましょう。
 用意していたバスタオルにくるんで赤ちゃんを拭いてあげ、ママも風邪をひかないように服をきます。 冬で寒いときは、脱衣所を暖房で温めておいたり、バスローブを購入しておくと便利です。