赤ちゃんのお世話

子育てまっぷ トップ > 育児のココロエ > 育児 赤ちゃんのお世話

赤ちゃんの沐浴、お風呂


ベビーバスでの沐浴の仕方


室温は20〜25℃、お湯は38〜40℃に
 赤ちゃんの沐浴時の環境として、部屋の室温は20〜25度くらいがいいとされています。お湯の温度は38〜40度くらいに湯温計を使って調節しておきます。
沐浴は、授乳直後や空腹時はさけ、授乳後1時間程度たった赤ちゃんの機嫌の良いときにしましょう。
首を手でしっかり支えて、足からゆっくり漬けます
沐浴布をお腹にかけて、片手で首をつかんで頭を支え、親指と中指で耳を押さえて水が入らないようにします。 もう片方の手で股からお尻を持って抱き上げます。足からゆっくりとお湯につけてあげます。 赤ちゃんは、裸になるのを不安がるので、お腹に沐浴布をかけて安心させてあげます。
手早く、すみずみまできれいに洗ってあげましょう
 石けんを泡立てて、沐浴布をめくり、首、脇の下、股など汚れやすい所まで丁寧に洗ってあげてください。背中を洗うには、首を支えている手のもう片方の手を脇の下に いれて体を支えながら、ひっくり返しその腕のひじ辺りで首を支えるようにし、首を支えていたほうの手で背中を洗ってあげます。慣れるまではちょっと怖いかもしれません ので、ひっくり返さずに少し持ち上げて素早く背中を洗ってあげても良いでしょう。 頭は大泉門を刺激しないようにやさしく、そっと洗ってあげましょう。
皮脂の分泌が活発なので、ベビー石鹸できれいに洗います。
洗い終わったら、上がり湯をかけます
最後に洗面器に用意してある上がり湯をお手伝いしてもらえる方にそっとかけてもらうか、一人で沐浴させている場合は洗面器に赤ちゃんをさっと浸けて終わりです。
やさしく体を拭いてあげます
沐浴からあがったら、用意してあったバスタオルでくるんでやさしく拭き取ってあげます。赤ちゃんの肌は以外に乾燥しやすいのでスキンケアを忘れずに。赤ちゃんに服を 着せてあげると、耳と鼻のお手入れです。入り口部分を軽く綿棒でふき取るくらいにしてあまり奥までゴシゴシは禁物です。綿棒は大人用は大きいので赤ちゃん用に細いものを 使います。赤ちゃんの髪の毛は乾きやすいので、手早くブラシで整えてあげましょう。また、沐浴後は喉がかわきやすいので、湯ざましを少しあげるか母乳をあげて潤してあげ ましょう。