赤ちゃんのお世話

子育てまっぷ トップ > 育児のココロエ > 育児 赤ちゃんのお世話

赤ちゃんのお世話 母乳・ミルク


授乳のポイント



授乳前におっぱいをふきます
 授乳の前に、暑いタオルで絞ったタオルやガーゼで乳首のまわりを拭いてきれいにし、乳首もすこしマッサージします。温めて血行も良くなり、乳首も柔らかくなって赤ちゃんが飲みやすくなります。
授乳は、ママと赤ちゃんが楽な姿勢で
 赤ちゃんが小さい間は、授乳の姿勢がしんどくて肩こりになりやすく、その疲れが母乳に影響することもあります。ひざの上にクッションなどをおいて高さを調節したり、授乳用のクッションなどを使うと楽になります。
1回の授乳で左右交互に飲ませます。
 片方だけ飲ませていると、飲まないほうのおっぱいに母乳が溜まって張ってしまいます。溜まると母乳の出がわるくなったり、乳腺炎を起こしやすくなるので、左右バランスよく飲ませてあげましょう。
 母乳は、最初さらさらした薄い状態で、しばらくすると濃い栄養のあるミルクがでてきます。あまり早く左右替えてしまうと、栄養のある母乳を飲まずに終わってしまうので注意しましょう。
 飲みが悪くて片方で終わってしまう場合には、次回の授乳で飲まなかった方からあげましょう。
授乳できないときは、痛くない程度に搾ります
 外出や仕事など、何らかの事情で長時間飲ませられないときは、張りで痛くない程度に搾乳しておきます。溜まった状態がつづくと乳腺炎の原因になります。