妊娠前に考える事−妊婦のココロエ−

子育てまっぷ トップ > 妊婦のココロエ(妊娠前に考える事)

妊娠前に考える事 妊娠初期のココロエ 妊娠中期のココロエ 妊娠後期のココロエ  出産のココロエ 育児のココロエ

妊娠前に考える事

多くの方は、妊娠してから産院に行って様々な検査を受けて、体や食事のことに気を使い始めたり、家族生活のプランを真剣に考えますが、妊娠前に考えておいたほうが良いこと、パートナーと話し合っておいたほうが良いこと、体や食事に関して気をつけておいたほうがよいことが沢山あります。ここでは、妊娠前に考えておいた方が良いことを判りやすく解説しています。

 

子供をつくって育てていくことは、親の大切な仕事であり、責任です。二人のそれまでの生活と大きく変わり、ライフスタイルも大きく変わっていく中で子供を健やかに育てていくには、夫婦の考え方や価値観などが揃っていることが何よりも大切になってきます。子供を作るにあたって、妊娠前に夫婦でじっくり話し合っておきましょう。

 

子供をつくって育てていくことは、親の大切な仕事であり、責任です。二人のそれまでの生活と大きく変わり、ライフスタイルも大きく変わっていく中で子供を健やかに育てていくには、夫婦の考え方や価値観などが揃っていることが何よりも大切になってきます。子供を作るにあたって、妊娠前に夫婦でじっくり話し合っておきましょう。

 

妊娠後も今の仕事を続けたいのか?一旦辞めて、育児が落ち着いてから働くのか?そういったことも考えておくことも大切です。再就職に向けてのスキルアップ、資格の取得も目標になってきますし、出産、育児休業などの制度を使うのかどうか。そして、パートナーとの協力が不可欠になるからです。

 

妊娠後に定期健診を受け、出産する産婦人科選びは、妊娠前から情報を集めておくと良いでしょう。妊婦になってお腹が大きくなってくると、検診に行くのも大変になってきますし、妊娠途中で出血などのトラブルが起きたときに近くにあると安心です。いざという時の為には、できるだけ近くの産婦人科が良いでしょう。

 

出産には、お金がかかります。分娩費用のことについては、誰でも30万〜50万はかかると思っているものですが、いざ妊娠してみると予想以上にお金がかかってきます。出て行くお金もあれば、戻ってくるお金もありますが、どれくらい必要になるのかを知って、妊娠前に準備していくことが大切です。

 

出産には、体力が必要と言われますが、むしろ出産してからの育児の方が体力が必要になってきます。妊娠してお腹が大きくなってくると腰痛になったり、どんどん大きくなる赤ちゃんを抱っこしていて腱鞘炎になったりと、体力・筋力が必要になってきます。日ごろから体力づくりを心がけておくことが大切です。

 

健康な女性の多くは妊娠するまで産婦人科を受診することはありません。妊娠後に初めて産婦人科を受診し、様々な検査を受けることになります。しかし、妊娠初期に異常が見つかり十分対応できることもあれば、妊娠前から予防的な対応をとることができる場合もあります。妊娠後の検査ですることの中でも、妊娠前に健康チェックを考えてみましょう。

【PR 伊丹市の内科 | 夜間診療の新宿サンクリニック | 看護師の為の転職ガイド