正しい死亡保険の選び方・入り方

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト

 子育てまっぷ
赤ちゃんが生まれたのを機会に生命保険を見直される方へ、
死亡保険をわかりやすく解説。
子育てまっぷ トップに戻る > 正しい生命保険の選び方 トップに戻る
生命保険の基礎知識 生命保険の種類 生命保険の特約 保険会社の選び方 保険契約上の注意
関連サイト
生命保険無料相談広場

よく解る!正しい死亡保険の選び方・入り方

死亡保険と呼ばれる生命保険は、定期保険や終身保険を代表とする死亡した場合に保険金がおりる生命保険です。定期付終身保険や逓減定期保険などと様々な種類がありますが、基本的には、この2つが派生した商品です。死亡保険に加入する際にも、必ず何を目的に加入するのかを明確に持ちましょう。やはり目的によって選ぶ商品は異なってきます。

(1)死亡保険に加入する目的は何か?

死亡保険に加入される目的のほとんどは、自分が無くなった時の遺族の生活保障か、相続税の納税資金を目的にされていると思います。資金の運用を目的にされている方もいらっしゃるとは思いますが、ここではリスクマネジメントという観点から前者2つの目的についてみていくことにしましょう。

(2)遺族の生活保障を目的とする場合

これを目的に加入されている方が大半だと思いますが、実際にどれだけの金額が必要なのかを知って加入されている方は少ないことでしょう。当然、将来どのようなことが起こるかは予測不能ですので、現時点で必要保障額を算定することは、単なる目安に過ぎません。しかし、それを理解して加入しているかどうかでは、大きな違いがあります。

必要保障額の算定については、別に詳しく説明することとしますが、必要保障額が大きくなる順に、一般的な考え方を列記すると下記のようになります。

  1. 配偶者が無くなるまでお金に不自由しない金額と、子ども達が独立するまでの教育費・結婚資金等も用意しておきたい
  2. 子ども達が独立するまでの間はお金に不自由しないだけの保障をつけたい。
  3. 当面はお金に困らない程度は準備しておいてあげたいが、あとは自分達で生活していってほしい
  4. 遺族に迷惑かけないように、葬儀代くらいは用意しておきたい

それぞれ必要保障額に差は出てきますが、基本的に年齢を重ねるほどに必要保障額は減っていきます。そのようなことを考えますと、大きな保障が必要な期間は保険料の割安な定期保険や逓減定期保険をつかい、4のような最後まで残しておきたい部分を終身保険でカバーするのが合理的といえます。

このような目的において終身保険に加入するならば、保障のみで途中で解約しないことを前提としますので、低解約返戻金型の終身保険や、変額終身保険などを活用すると保険料は割安となってきます。

また、定期保険は、無駄なく出来るだけ保険料をやすくしようとするならば、逓減定期保険が安くなってきますし、5年や10年などの更新型定期保険で加入していて、更新時期に合わせて保障を減額することで、保険料の増額を抑えつつ必要保障額を確保するという方法もあります。

それぞれのライフプランや生活水準などによって、保険商品の選択や組み合わせは変わってくることになりますので、死亡保険についてこれが正しい入り方ということは一概には言えませんが、適切な手順としては、まず自分のライフプランを作成して現状での必要保障額を算定してみること。そして、個々の1〜4のような考え方にそって、商品の組み合わせを考え、その組み合わせの中で最も適した保険商品を選んでいくということになります。

(3)相続税の納税資金を目的とする場合

現在の相続税法において、相続税がかかってくるラインというのは、簡単に細かい部分を省略して考えると下記の通りとなります。

財産の時価評価額の合計>5,000万+1,000万×法定相続人の数

つまり、配偶者と子ども1人である場合には、5,000万+1,000万×2人となりますので、合計7,000万を超える財産があれば相続税を納める必要が生じてくることになります。

相続税がかかる心配が無い場合には、特に考える必要はありませんが、相続税が発生する場合には、是非とも生命保険の活用を考えていただきたいところです。

というのは、現在の相続税法において、生命保険金には500万×法定相続人の数が非課税として取り扱われるため、この非課税枠を活用することで遺族が納める納税資金を確保することができるからです。

この場合、確実に目的を達成する為には終身保険を活用することになります。納税資金を確保することが目的ですので、死亡するまで契約していることを前提とする為、途中での解約解約や解約返戻金を考慮する必要もなくなってきます。ですから、できるだけ保険料の安い低解約返戻金型の終身保険や、最低保障額が確保されている変額終身保険を活用すると良いでしょう。