生命保険会社の選び方

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト

 子育てまっぷ
赤ちゃんが生まれたのを機会に生命保険を見直される方へ、
生命保険会社の選び方をわかりやすく解説。
子育てまっぷ トップに戻る > 正しい生命保険の選び方 トップに戻る
生命保険の基礎知識 生命保険の種類 生命保険の特約 保険会社の選び方 保険契約上の注意
関連サイト
生命保険無料相談広場
保険会社名だけで選ばない保険会社の正しい選び方

保険に加入される際に、どの保険に入れば良いかと同時に、どの保険会社にすれば良いだろうかと悩まれていませんか?保険会社を選ぶ際には、大きな保険会社だから安心と思っていても、裏では財務体質が悪くて破綻が噂されているようなケースも過去にはありましたし、実際に破綻してしまった保険会社もあります。

生命保険というものは、通常長期で加入されることが多い商品です。加入する際には、破綻するような危険性の少ない保険会社の中から、目的にあった良い商品を選ぶことが大切です。

ここでは、保険会社の安全性をチェックするポイントなどを解りやすく解説しています。

「格付け」をチェックする

財務内容や事業内容等様々な角度から総合的に判断し、財務力と保険金支払い能力から各社の財務力を簡単な記号で表して格付けがされています。AAAからCCCまでの7段階に分かれていて、信用度の高いものから順にAAA(トリプルA)、A(シングルA)などの記号で示されます。また、AAからCCCまでの格付けには、プラス記号またはマイナス記号が付されることがあり、さらに評価が細かく区分されています。

こうした「格付け」は、民間の格付け会社が評価し、定期的に発表しています。 格付け会社によって評価にバラつきがあるので、いくつかの会社の格付けを見ておくと良いでしょう。また、一般的にはBBB(トリプルB)以上の保険会社が安全の目安とされてはいますが、A+程度以上で考えておいた方がよいと思います。

「ソルベンシーマージン比率」をチェックする

「生命保険の基礎知識」でもありましたが、生命保険会社は、将来の保険金などの支払いに備えて責任準備金を積み立てています。万一、大災害など通常の予想以上のリスクが起こったときにには、莫大な保険金の支払が発生してくることも想定されます。こうした支払に対応できる「支払余力」をどのぐらい有しているかを判断する数値が、ソルベンシーマージン比率です。

ソルベンシーマージン比率が200%を下回った場合には、金融庁によって早期に経営の健全性の回復を図るための措置がとられます。つまり、行政上の取り扱いとしては200%を超えていれば安全な会社とされているわけですが、よりソルベンシーマージン比率が高い保険会社を選ぶことが、安全な保険会社の選択といえます。

外資系生命保険会社を敬遠しない

最近はインターネットからの資料請求や街中においてあるパンフレットから自分で申込みをされる方も増えているかもますが、基本的に大半の方は保険会社の営業の訪問でプランを提案してきた中から選ばれて契約されているのではないでしょうか?

しかし、気をつけておいていただきたいのは保険営業の方のレベルの問題です。外資系の保険会社が躍進してきた背景には、日本の生保業界の人海戦術による営業のレベルの低さに目をつけ、個々のライフプランに応じたコンサルティング営業によってシェアを奪ってきた経緯があるのです。

ご存知ないかもしれませんが、保険販売員の資格というものは非常に簡単にとることができるものなのです。大量の女性販売員を抱え、ルート営業によってシェアを確保してきたのですが、そうした販売員の多くは、個々のニーズに合わせた的確な提案ではなく、保険会社の社員から販促話法、提案パターンを教えられたとおりに販売してくるといったパターンでした。その為、個々のニーズに合わせたコンサルティング営業を主体とする外資系保険会社にシェアを奪われていったのです。

保険会社を選ぶ際には、どのような営業スタイルで販売しているのかも考慮することも大切です。外資系の生命保険会社は、あまり馴染みのない名前が多く敬遠されがちですが、素晴らしい保険会社も多くあるのです。中でも、私がお勧めするのは、プルデンシャル生命という保険会社です。派手な宣伝を全くしていないのでご存じない方が殆どですが、営業であるライフプランナーのレベルはトップレベルです。個々の生活・ニーズに合わせた保険をオーダーメイドで提案し、一生涯の付き合いを前提とする信頼のおける生命保険会社です。

FP(ファイナンシャルプランナー)等の活用

生命保険会社を選ぶといっても、安全性は前述の指標などから確認できても実際の善し悪しを知ることは難しいものです。また、一つの生命保険会社ですと、その保険会社の商品しか販売することは出来ないので、自分で他社の商品を比較検討することも手間がかかります。

そこで、多数の保険会社と代理店契約を結んでいるようなFP(ファイナンシャルプランナー)事務所などで、ライフプランを相談して適切な商品を提案してもらうことも一つです。