生命保険の種類

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト

 子育てまっぷ
赤ちゃんが生まれたのを機会に生命保険を見直される方へ、
生命保険の種類をわかりやすく解説。
子育てまっぷ トップに戻る > 正しい生命保険の選び方 トップに戻る
生命保険の基礎知識 生命保険の種類 生命保険の特約 保険会社の選び方 保険契約上の注意
関連サイト
生命保険無料相談広場
これだけは必ず知っておきたい生命保険の商品知識

定期保険

一定の保険期間内に死亡した場合に保険金が支払われる、いわゆる「掛け捨てタイプ」の死亡保険です。契約した期間が過ぎてしまえば保障はなくなります。5年、10年更新型のものや長期契約のものも沢山あります。
⇒必要な時期に死亡保障をなるべく安いコストで掛けたい場合に

終身保険

一生涯にわたり契約した金額の保障をする死亡保険です。貯蓄性が有り、解約した場合には、掛けている期間によって支払保険料総額以上の解約返戻金が受け取れることもあります。
⇒相続対策が必要な方や、高額保証が必要の無い方に

養老保険

満期前に死亡した場合は死亡保険金が支払われ、満期まで生存していた場合には死亡保険金と同額の満期保険金が支払われる生死混合保険です。主に死亡保障のついた貯蓄といった感覚で利用されています。
⇒お金を積み立てたい方に

定期付終身保険

終身保険に定期保険を付けた商品です。このような保険に加入されている方が多いのではないでしょうか?定期保険部分が10年などの一定期間ごとに更新される商品が多く保険料が上がることになりますが、その時の必要保障額にあわせて減額するなどで調節が可能な商品です。

逓減定期保険

定期保険の一種で、年単位で保険金額が逓減していく保険です。万一の場合の遺族に必要な保障額は年々減っていくことから、合理的な保険といえます。定期保険よりも保険料は安くなります。
⇒保険料をなるべく安くしたい方

変額保険

保険会社の運用実績によって保険金・解約返戻金の額が変動する保険です。一般に死亡保障額については運用実績がどんなに悪くても契約時の基本保険金が保証されています。解約返戻金には最低保証がありませんので、リスクを伴う商品です。
変額保険には保険期間の定めのあるものと定めの無い終身保険があります。

収入保障保険

収入保障保険とは、万一の際に、一時金ではなく、毎年(あるいは毎月)決められた額を遺族が受け取れるという形式の保険です。
収入保障保険には2種類のタイプがあり、死亡時期に関係なく受取期間を保障するタイプものと、契約期間の残存期間に合わせて受け取るものとがありますが、後者が収入保障保険としては一般的です。
残存期間に合わせて受け取るということは、受取時期が遅いほど受取金額の総合計が減っていくことになるので、仕組みは逓減定期保険と似ています。

医療保険

病気やケガで入院したとき、入院日額に応じた入院給付金や、手術の内容に応じた手術給付金を受け取ることができる保険です。
入院給付金は、入院日数によって日額いくら、という給付金が給付されます。ただし、該当する日数や支払限度日数などは商品によって違いますので、注意が必要です。

がん保険

がんと診断されたときに給付される診断一時金と、がんによる入院給付金・手術給付金が支払われる保険です。

個人年金保険

個人年金保険とは、老後のための貯蓄を目的とした保険です。一定期間の払い込みの後に、貯まったお金を年金として受け取ることができます。公的年金だけではゆとりが持てない現在、老後の生活を補うために積み立てておく感覚で利用されます。

こども保険(学資保険)

子どものために、将来の進学資金を積み立てていくことを主な目的とした保険です。加入時期は、出生前あるいは0歳から、保険会社によって5〜6歳ぐらいまでとなります。
生存給付金がおりてくるタイミングは、12歳、15歳、18歳など進学の節目になっており、満期も15歳、18歳、22歳、選択制など、保険会社によって違いがあります。
また、親などの契約者に万一のことがあったときにその後の支払いを免除する「払込免除特約」や、契約者が死亡したときに育英年金が支給される「育英年金特約」、こどもの入院・手術に備える「医療特約」などの特約があり、これらが自動付帯されている商品と、任意で付帯できる商品とがあります。保険会社によってこれらの“特約”が違っていますので、自分のニーズに合ったものを選択しましょう。