第5回 甘く考えてはいけない告知義務

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト

 子育てまっぷ
赤ちゃんが生まれたのを機会に生命保険を見直される方へ、
生命保険をわかりやすく解説。
子育てまっぷ トップに戻る > 正しい生命保険の選び方 トップに戻る
生命保険の基礎知識 生命保険の種類 生命保険の特約 保険会社の選び方 保険契約上の注意

第5回 甘く考えてはいけない告知義務

生命保険に加入する際、被保険者は契約時に現在の健康状態、過去の病歴(病名・治療期間)などを保険会社に報告する義務があります。これを告知義務といいます。この内容によって、割り増しの保険料が必要になったり、保険に加入できないこともでてきます。

1.告知義務違反

この保険加入の際の告知において、故意または重大な過失によって虚偽の告知をした場合は、告知義務違反となり、保険会社は契約を一方的に解除することができます(通常保険会社が契約から2年間としていることが多いが、法律上は5年)。また、契約から2年を超えていた場合でも、告知義務違反の程度がはなはだしい場合には、錯誤無効、詐欺による取消し、無効により保険金が支払われないことがあります。

つまり、あくまで契約の解除権が2年間で消滅するだけであって、保険金の支払いを拒否する権利が消滅するのではないということです。

中には契約する際に間違った告知をしていても、2年を経過すれば保険金を受取れると勘違いされている方もおられるようです。病歴を隠して保険に加入したいからという例は悪質なケースですが、結局は保険金を受取ることができなくなってしまうのです。(ただし、告知義務違反があった場合でも告知をしなかった事実を原因として保険事故が発生した場合でなければ保険会社は保険金の支払責任を免れません。)

2.告知書には細心の注意を

以上のような理由から、告知書に記入する際には質問の内容をよく読み、細心の注意を払って記入するようにしましょう。 疑問に思ったことは保険販売員に質問し、曖昧なままに記入しないようにします。

その際、よくあるトラブルが告知書には記入していないが、保険販売員に口答で告知したという話です。しかし、保険販売員には、告知受領権がありません。つまり、保険販売員に口答で伝えていたとしても告知したことにはならないということです

こちらから質問した内容に保険販売員が曖昧な返答をするようであれば、保険会社にしっかりと確認をとってもらうようにしましょう。

なお、告知義務違反を進める販売員の行為は保険業法違反ですが、告知義務違反を問えなくなるということとは別問題です。営業職員の不適切な行動を疑わずに信じて告知した場合には契約解除されないことになりますが、証明するのは難しくなってきますので、たとえそのようなことがあったとしても、必ず正確に記載するようにしましょう。