不妊治療法について

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト

 子育てまっぷ
近年、不妊症に悩むカップルが急増してきています。高齢化出産や
環境ホルモンの影響などが原因とも言われています。
子育てまっぷトップ > 不妊治療法について
不妊症の原因と種類
不妊治療法について
不妊治療費用と助成
おすすめリンク集

不妊治療法の代表例

タイミング法 タイミング法とは基礎体温などにより排卵日を予想し、夫婦関係をもつことです。病院ではその頃の頚管粘液(おりもの)チェック や卵胞の大きさなどをみてタイミングを指導します。
排卵誘発 黄体機能不全や、卵管の状態などにより、排卵が起こらなかったり排卵の状態がよくない場合、排卵を促す薬を使います。飲み薬と 注射があります。
配偶者間人工授精
(AIH)
配偶者間人工授精とは、排卵日に合わせて精子を直接子宮内に戻す方法です。まず、マスターベーションにより採取した精液に妊娠 率を高めるための処置をします。その後、人工授精針のついた注射器で子宮内に戻します。
この治療が行われる主な原因  乏精子症、精子無力症
体外受精(IVF) 体外受精とは、卵子と精子を体外に取り出して混ぜ合わせて受精させ、受精卵を子宮に戻す方法です。タイミング法や配偶者間人工 受精(AIH)といった治療法で妊娠ができなかった場合に行われます
この治療が行われる主な原因  卵管閉塞、抗精子抗体、乏精子症、精子無力症
顕微授精(ICSI) 顕微授精とは、卵子と精子を体の外に取り出して、その中からよいものをそれぞれ選び、顕微鏡で卵子の細胞質内に直接注入して受精 させる方法です。体外受精で妊娠が出来なかった場合に行われます。
非配偶者間人工授精
(AID)
非配偶者間人工授精とは、夫の精子では妊娠が不可能な場合に、夫以外の精子で人工授精する方法です。精液の提供者としては、遺伝性 の疾患・性病などの既往症・エイズなどの危険性がない、妊娠させる能力の高い精液をもつ若くて健康な方が選ばれます。