アレルギーについて

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト

 子育てまっぷ
何らかのアレルギーを持つ子供が3人に1人はいると言われます。
子供のアレルギーに悩むママを子育てまっぷは応援します。
子育てまっぷトップ > アレルギーについて
アトピー性皮膚炎とは
アレルギーとアトピー
アレルゲンと対策
ステロイド外用薬について
ステロイド外用薬一覧
ステロイドの塗り方
ステロイドの副作用
アトピーの治療法
アトピー性皮膚炎とは?
日本皮膚科学会が定義するアトピー性皮膚炎をわかりやすくすると、アトピー性皮膚炎とは、慢性的に痒みのある皮膚の湿疹を訴える病気であり、 家系的にアトピー性疾患をもっていたり、IgEを作りやすい体質であるといえます。
  1. アトピー性皮膚炎になる人は、家族や自分のほかの病気として、ぜんそく・鼻炎(花粉症)・結膜炎・アトピー性皮膚炎などを持っていることが多い。
  2. IgE抗体とは体の外から異物が入ってくると、それに対して体が対抗する抗体を作ります。その物質が余ってしまうとアレルギーや皮膚炎の原因に なります。その生産能力が異常に高い人

『日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎の定義・診断基準』

『アトピー性皮膚炎は、増悪、寛解を繰り返す、掻痒(そよう)のある湿疹を主病変とする疾患である。患者の多くはアトピー素因を持つ。』
・アトピー素因とは
  1. 家族歴・既往歴(気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎、のうちいずれかあるいは複数の疾患)
  2. IgE抗体(こうたい)を産生しやすい素因
・アトピー性皮膚炎の診断基準
  1. 掻痒
  2. 特徴的皮疹と分布
    1. 皮疹は湿疹病変 
      急性病変:紅斑、浸潤性紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂皮
      慢性病変:浸潤性紅斑、苔癬化病変、痒疹、鱗屑、痂皮
    2. 分布
      左右対側性 好発部位:前額、眼囲、口唇、耳介周囲、頸部、
      四肢関節部、体幹
    3. 参考となる年齢による特徴
      乳児期:頭、顔に始まりしばしば体幹、四肢に下降
      幼小児期:頸部、四肢屈曲部の病変
      思春期・成人期:上半身(顔、頸、胸、背)に皮疹が強い傾向
  3. 慢性・反復性経過(しばしば新旧の皮疹が混在する):乳児では2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上を慢性とする。
上記1,2および3の項目を満たすものを、症状の軽重を問わずアトピー性皮膚炎と診断する。

アトピー性皮膚炎は乳幼児期によく発症します。乳児は皮膚もまだ充分に発育していないので、簡単に皮膚の免疫機能が壊れる状態にあり、 湿疹反応が生じやすい状況です。この乳児期のよだれ、食べこぼし、石鹸、入浴剤、衣服等の繊維による皮膚刺激が湿疹の原因となります。 それらの刺激物が湿疹反応のきっかけとなり、痒みを起こし、ひっかく原因を作ります。もともと遺伝による体質で皮膚機能の異常を持っ ている場合、こうして生じる皮膚障害によって、更に様々なアレルゲンが皮膚を通過しやすくなってしまい、皮膚炎を起こしたりアレルギー 反応を引き起こしやすくなります。

また、離乳食を始めるころの乳児には、消化器官が未発達なため、卵や牛乳、大豆などのタンパク質が十分消化されまま、それらを異物とし て体がキャッチすることによってアレルギー反応が起こることも多いようです。