ステロイドの副作用

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト

 子育てまっぷ
何らかのアレルギーを持つ子供が3人に1人はいると言われます。
子供のアレルギーに悩むママを子育てまっぷは応援します。
子育てまっぷトップ > アレルギーについて 
アトピー性皮膚炎とは
アレルギーとアトピー
アレルゲンと対策
ステロイド外用薬について
ステロイド外用薬一覧
ステロイドの塗り方
ステロイドの副作用
アトピーの治療法

ステロイドの副作用

ステロイド軟膏が世界中で使用されるようになって50年以上の歴史があります。ステロイドの「効用」と「副作用」は十分に知れわたっているため、その意味ではむしろ安全に使用できる薬の一つといえます。

注射や飲み薬は全身に作用するため全身性の副作用が発現しますが、塗り薬は皮膚患部に直接作用するため皮膚から吸収されても血中に入る量はきわめて微量です。
塗り薬による副作用の多くは外用した皮膚局所に対するものです。皮膚局所に対する副作用はステロイドの副作用のなかでも軽い副作用に分類され、
◎薬の塗布部分で毛が増える
◎皮膚が赤くなる
◎毛細血管が拡張する
◎皮膚がやや薄くなる
などがあります。

「ステロイド軟膏を塗ると肌が黒くなる」という人がいますが、ステロイドは皮膚の色素産生を抑えるため、肌の色はむしろ白くなります。アトピー性皮膚炎は皮膚の炎症ですので、ちょうど日焼けの炎症が治ると色素沈着が起こるように、アトピー性皮膚炎も炎症がおさまった後は色素沈着が起こります。これがステロイドの副作用と誤解されているようです。


副作用を回避するためには

幼児の副作用の発現頻度はとても少ないですが、年長になればなるほど、それまでのステロイド軟膏の累積使用頻度が多くなるため、副作用の発現頻度も多くなります。ただし、中には副作用が認められない人もたくさんおられます。

ということは、つまり症状を適度に押さえるように使いながら、使用頻度を少なく済ませるということが大切になります。
症状が治まっていないのに急に脱ステロイドしてしまったり、使用量を少なくしてしまったりするのではなく、適度の強さのステロイドで症状を十分に沈静化させてから、使用回数を少なくして保湿剤等で様子を見て、症状が再発してくる部分にはステロイドでを使って改善させるというように使って頻度を少なくても済むように改善していくことを心がけましょう。