ステロイド外用薬について

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト

 子育てまっぷ
何らかのアレルギーを持つ子供が3人に1人はいると言われます。
子供のアレルギーに悩むママを子育てまっぷは応援します。
子育てまっぷトップ > アレルギーについて
アトピー性皮膚炎とは
アレルギーとアトピー
アレルゲンと対策
ステロイド外用薬について
ステロイド外用薬一覧
ステロイドの塗り方
ステロイドの副作用
アトピーの治療法

混乱するステロイド情報

数々のマスコミがステロイドバッシングを行ったことで、医者に不信感を持った「ステロイド恐怖症」のアトピー患者が急増し、様々な情報が流れて混乱する事態が続いています。
このような報道が生じたのは、ステロイド外用薬の副作用を十分に説明することなく、処方してきた医者が多かったことが原因のひとつです。

その後、「脱ステロイド」を謳う医者や民間療法が急激に増え、急にステロイド外用薬の使用をやめることによって「リバウンド現象」に苦しむ患者も増加していきました。
しかし、ステロイドは使用法を間違わなければアトピーに悩む患者にとってステロイド外用薬は必要なものなのです。

ステロイド外用薬とは

ステロイドとは、もともと副腎という臓器で作られる副腎皮質ホルモンのことで、体内で分泌されているものです。

副腎には髄質と皮質が存在します。髄質はストレスや怒りを感じると、アドレナリンを放出し、血圧を上げたり、血管を収縮させる機能を持ちます。それに対し、皮質はグルココルチコイドというホルモンを放出するのですが、このグルココルチコイドが強力な「抗炎症作用」と「免疫抑制作用」を持つのです。

このグルココルチコイドを人工的に合成し、効果を何十倍にも強くしたものがステロイド外用薬なのです。ステロイド外用薬は分子のサイズが小さく脂溶性のため、皮膚から急速に浸透するので即効性も高いのです。

ステロイド外用薬は、細胞に直接作用して細胞のエネルギー代謝を変化させることにより炎症を抑える「抗炎症作用」と、アレルギーを引き起こすT細胞の働きを抑えるとともに、炎症の原因となるヒスタミンを放出するマスト細胞の働きも抑えることにより、炎症の原因を根本から断ってしまう「免疫抑制作用」の2つの働きで、アトピー性皮膚炎の症状を強力に抑えるのです。