アレルギーとアトピーについて

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト

 子育てまっぷ
何らかのアレルギーを持つ子供が3人に1人はいると言われます。
子供のアレルギーに悩むママを子育てまっぷは応援します。
子育てまっぷトップ > アレルギーについて 
アトピー性皮膚炎とは
アレルギーとアトピー
アレルゲンと対策
ステロイド外用薬について
ステロイド外用薬一覧
ステロイドの塗り方
ステロイドの副作用
アトピーの治療法

アレルギー(アトピーはなぜ起こるの?)

皮膚に刺激を与える因子となるものには、アレルギー的要素を有するものと、非アレルギー的要素を有するものがあります。
アレルギー的要素
アトピー性皮膚炎の大半は、何らかの物質に対してアレルギーを持っています。そのアレルギー反応を起こさせる物質をアレルゲンといいます。 アトピー性皮膚炎に多いのはハウスダスト、カビ、ダニなどですが、食物アレルギーによって、アトピー性皮膚炎になっているケースも多くあります。
非アレルギー的要素
非アレルギー的要素には、乾燥肌、感染、外傷、日光(主に紫外線)、乾燥、発汗、かきむしり、ストレスなどが挙げられますが、アトピー性皮膚炎に 多いのは乾燥肌(ドライスキン)によるものだそうです。また、乳幼児期は皮膚が未発達なので、皮膚どうしがこすれたり、衣服によるちょっとした刺激が原因になることもあります。

アトピーは、年齢によって症状が異なる。

乳幼児期 
 乳児期には口の周りや頬に赤いポツポツ、ジュクジュクした発疹が出てきます。また首、肘のくぼみ、膝のうら、手首や足首などの汗のたまりやすい 部分が赤くなります。乳児脂漏性湿疹とよく似ていますが、違います。
幼小児期
 幼小児期は胃腸器官の成熟に伴い治る人も増えてきます。顔面の発疹が減り、関節部や体の発疹が増えてきます。アトピー性皮膚炎では皮膚が非常に 乾燥 しやすいのが特徴ですが、乳児期を過ぎると皮膚の乾燥が目立つようになります。
思春期・成長期
 思春期・成年期はアトピー性皮膚炎が悪化しやすい時期です。乳児期や幼小児期にいったん治った患者さんが思春期以降に再発するケースもよくみられます。 発疹は顔面、上胸部、上背部、肘窩など上半身に強くあらわれる傾向があります。